〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

試合結果

延長12回をドロー!オスナが猛打賞&特大ホームラン「完璧に捉えることができました」

延長12回の死闘は8-8のドローに終わった。

2回、ヤクルトは四球で村上が歩いた後、5番オスナが2ランを放ち先制する。

直後に巨人に逆転を許すが、4回にサンタナのホームランで同点とする。

その後は両チーム点を取り合う乱打戦となるが、8回以降はリリーフ陣が粘り切り、12回までの攻防は8-8のドローに終わった。

スコアボード

 101112
ヤクルト0202022000008101
巨人0400301000008120

責任投手

勝利投手ヤクルト 木澤 (8勝3敗0S)
敗戦投手巨人 今村 (1勝4敗0S)
セーブヤクルト マクガフ (0勝2敗34S)

本塁打

ヤクルトオスナ 16号(2回表2ラン)
サンタナ 14号(4回表ソロ)
山田 22号(6回表ソロ)
巨人岡本和 25号(2回裏2ラン)

バッテリー

ヤクルト高梨、大西、梅野、久保、清水、田口、木澤、マクガフ - 中村
巨人井上、鍵谷、高木、デラロサ、平内、高梨、大勢、クロール、鍬原 - 大城、小林

メディアレポート

2回の表 ヤクルトの攻撃

オスナが先制16号2ラン 初対戦の井上から「完璧に捉えることができました」

二回、2点本塁打を放つヤクルト・オスナ

ヤクルト・5番のホセ・オスナ内野手(29)が二回、左翼席に16号2ランをたたき込み2点を先制した。

「打ったのはストレート初対戦の投手ですがアジャストして完璧に捉えることができました。先制することができて良かったです」と4番の村上が四球で歩かされた直後。

カウント1-2から初対戦の巨人・井上の直球を捉えた。

村上が日本選手では2002年の松井秀喜(巨人)以来、20年ぶりとなる50本塁打到達に王手をかけて臨んだ一戦。

4番・村上の後にオスナ、サンタナ、キブレハンと助っ人を3人並べた高津監督の采配が序盤から的中した。

出典:サンスポ


長岡秀樹がシーズン100安打に到達!!

二回 右安打を放つヤクルト・長岡秀樹

ヤクルト・長岡秀樹内野手(20)が二回に右前打を放ち、初めてシーズン100安打に達した。

高卒3年目以内の選手が到達したのは、球団では2019年の村上宗隆が高卒2年目で118安打を放って以来となる。

出典:サンスポ

4回の表 ヤクルトの攻撃

村上宗隆が今季初の三塁打 鋭い打球が右中間破る

4回表ヤクルト無死、三塁打を放つ村上

 

ヤクルト村上宗隆内野手(22)が、今季初の三塁打を放った。

2点を追う4回先頭。巨人井上に対し、カウント2-1からの4球目、外角115キロカーブを引っ張ると、鋭い打球が右中間を破った。今季12盗塁をマークしている村上は、そのままスピードを緩めず一気に三塁を陥れた。

その後、オスナの二ゴロの間に3点目のホームを踏んだ。

出典:日刊スポーツ


ヤクルト助っ人がアベック弾 オスナに続き、サンタナも一撃 同点の14号ソロ

4回、同点となるソロを放つサンタナ

ヤクルトの助っ人勢がアベック弾。主砲・村上の後続を支える男たちがそろってアーチを描いた。

まずは二回だ。村上が今季99個目の四球を見極めると、続く5番・オスナが先制の16号2ランを放った。

試合の主導権を握ったが、直後に先発・高梨がまさかの乱調。岡本和に同点2ランを被弾するなど、一挙4失点で勝ち越しを許した。

それでも2点を追う四回だ。

先頭の村上が右中間への当たりで、積極走塁。一気に三塁まで陥れ、オスナの二ゴロの間にまずは1点を返した。

さらに続く6番・サンタナは追い込まれてからも4球ファールで粘るなど、初対戦の巨人・井上に食らいついた。その12球目を捉えると、打球は左中間席へ。14号ソロで同点とした。

村上がすさまじい活躍を見せており、直近10試合で16四球と勝負を避けられがちの中、後続を任されたオスナ&サンタナがアベック弾。強力打線を形成している。

出典:デイリー

6回の表 ヤクルトの攻撃

山田哲人が3試合連発の22号ソロ フルスイングで左翼スタンド5階席まで運ぶ

六回 左本塁打を放つヤクルト・山田哲人

主将が反撃ののろしを上げた。

3点を追う六回先頭。ヤクルト・山田哲人内野手(30)が左翼スタンド5階席まで運ぶ、豪快な22号ソロを放った。

「フルスイングしました。点をとられた直後だったので1点を返せて良かった」

代わったばかりの巨人・高木の真ん中高め141キロの直球を一閃。打った瞬間に入ったとわかる完璧な打球で、勢いよく燕党の待つ左翼席へと吸い込まれていった。これで28日のDeNA戦(横浜)から3試合連続で本塁打をマークした。

7月上旬に新型コロナウイルス陽性判定を受けた影響もあって、8月は15打席連続無安打など苦しんだ期間もあった主将が状態を上げてきた。

出典:サンスポ

12回の裏 巨人の攻撃

【三者連続三振】マクガフ セーブ数トップが圧巻のピッチングで5時間ゲームを締める!!

ハイライトムービー

前の試合ムーチョ!ムーチョ!ムーチョ!中村悠平 3年ぶり三塁打が延長11回V打に 猛打賞で締めくくる

続きを見る

おすすめ記事

2024年4月12日(金) vs DeNA

    ヤクルト先発サイスニードが5回3失点と試合を作るも、打線が採算のチャンスを活かせず連敗を喫した。    スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 ヤクルト 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 6 0 DeNA 0 0 1 1 1 0 0 0 X 3 12 0 責任投手 勝利投手 DeNA 東 (2勝0敗0S) 敗戦投手 ヤクルト サイスニード (0勝1敗0S) セーブ DeNA 森原 (0勝0敗3S) 本塁打 ヤクルト   DeNA   バッテリー ヤクルト サイスニー ...

ReadMore

赤羽、先発起用に応え先制犠飛!今季初打点でアピール

写真:サンスポ 赤羽、先発起用に応え先制犠飛!今季初打点でアピール  しっかりと起用に応えた。ヤクルト・赤羽由紘内野手(23)が「7番・二塁」で今季2度目の先発出場。二回の第1打席で先制の中犠飛を放ち、今季初打点をマークした。    0―0の二回。サンタナの二塁打と青木の進塁打で1死三塁の好機を迎えた。昨季、最多勝やベストナインなどに輝いた左腕・東に対して、赤羽は初球から2球続けて低めのチェンジアップを冷静に見極め、誘いに乗らず。フルカウントに持ち込み、最後は6球目の直球に力負けせず中堅へとはじき返し、三 ...

ReadMore

サイスニード、5回9安打3失点「悔いの残る結果」 開幕投手が3戦勝ち星なし

写真:サンスポ サイスニード、5回9安打3失点「悔いの残る結果」 開幕投手が3戦勝ち星なし  ヤクルトの開幕投手を務めたサイスニード投手(31)が今季3度目の先発も、5回9安打3失点でリードを許して降板。今季初勝利を手にすることはできなかった。   「ピンチの場面で自分をコントロールできず、悔いの残る結果になってしまった」   1点リードの三回2死から石上に二盗を許し、佐野に同点打を浴びると、四回はドラフト1位・度会(ENEOS)に勝ち越し打を許した。五回も3連打で満塁のピンチを招き、押し出し四球で手痛い ...

ReadMore

2024年4月9日(火) vs 巨人

    ヤクルト先発高橋が6回1失点の好投をするも、打線が菅野を打ち崩せず敗戦した。    スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 巨人 0 0 0 0 0 1 0 1 3 5 10 0 ヤクルト 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 責任投手 勝利投手 巨人 菅野 (2勝0敗0S) 敗戦投手 ヤクルト 高橋 (0勝1敗0S) セーブ   本塁打 巨人   ヤクルト   バッテリー 巨人 菅野、中川、バルドナード、西舘、ケラー - 小林 ヤクルト 高橋、山本、木澤、宮川 ...

ReadMore

高津監督、1失点粘投の高橋奎二に苦言「ボール先行」「リズム悪すぎる」

写真:サンスポ 高津監督、1失点粘投の高橋奎二に苦言「ボール先行」「リズム悪すぎる」 流れが勝敗を左右するだけに、1つの四球が大きかった。ヤクルトは2連敗で3カード連続負け越し。高津臣吾監督(55)は、粘りながらも流れを持ってこられなかった先発の高橋奎二投手(26)にあえて厳しい言葉を並べた。      「いつもとあまり変わらない、ボール先行の難しいピッチングになった。投手戦に持ち込んでと思ったけど、リズムが悪すぎるというか、これじゃあ一年間ローテーションを守れるかどうか、規定投球回にいけるかどうか。これ ...

ReadMore

-試合結果
-, , ,