〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

試合結果

高梨裕稔、青柳に投げ勝ち連勝!「同じ相手に3回負けるわけにはいかない」

ヤクルトが天敵の阪神・青柳投手を攻略した。

2回、丸山選手の遊ゴロの間に1点先制をすると、続く長岡選手にタイムリーが飛び出し、2点を挙げる。

続く3回にも村上選手のタイムリーなどで更に2点を追加し、先発青柳投手の攻略に成功した。

投げては先発・高梨投手が6回1失点の好投で6勝目。

投打が噛み合ったヤクルトが連勝した。

スコアボード

 
阪神0000010023111
ヤクルト02200010X580

責任投手

勝利投手ヤクルト 高梨 (6勝6敗0S)
敗戦投手阪神 青柳 (12勝2敗0S)
セーブヤクルト マクガフ (0勝2敗29S)

本塁打

阪神糸原 3号(6回表ソロ)
ヤクルト青木 5号(7回裏ソロ)

バッテリー

阪神青柳、岩貞、島本、アルカンタラ、小林 - 梅野
ヤクルト高梨、梅野、久保、清水、田口、マクガフ - 中村

メディアレポート

2回の裏 ヤクルトの攻撃

ヤクルトが阪神・青柳をKO! 今季2戦2完封の天敵から三回までに4得点

適時打を放つヤクルト・長岡秀樹

3度目の正直。今度こそはやられるわけにはいかなかった。

1―0の二回1死一、三塁。

ヤクルト・長岡が右前適時打を放ち、今季2戦2完封負けを喫している阪神先発・青柳に対して初めてタイムリーを放った。

「丸山(和)さんが先制点を取ってくれたので、楽な気持ちで打席に入れました。追い込まれていたので食らいついて気持ちで打ちました」

流れをつくる一打だった。二回は4番・村上が四球で出塁すると、5番・宮本が送りバントで青柳が悪送球。

中村のバントも一塁手・ロドリゲスの野選で無死満塁のチャンスを作り、7番・丸山和の遊ゴロの間に今季初めて得点を奪うと、長岡が続いた。

三回は先頭の2番・元山が右越え二塁打で出塁すると、1死三塁で4番・村上が詰まりながらも中前適時打。

宮本も右前打で続いて一、三塁とし、中村の犠飛で4点目を挙げた。

全員でつないでつないで。今季得点を奪うことのできていなかった青柳を四回限りで降板させた。

出典:サンスポ

6回の表 阪神の攻撃

高梨投手が6勝目!

6勝目を挙げた高梨投手

先発した高梨投手は6回1失点の好投を見せ、6勝目を挙げました!

高梨投手は試合後のヒーローインタビューで「ヤクルトに来てから5勝しか勝っていなかったので、不甲斐なかったんですけど、毎試合チームに勝ちをと思って投げているので、もっと勝ち星を増やしていきたいと思います」と力強いコメントを残しています!

出典:東京ヤクルトスワローズ公式HP

7回の裏 ヤクルトの攻撃

青木宣親、今季初1番で豪快弾 アルカンタラから5号ソロ

7回無死、本塁打を放った青木宣親

ヤクルトは4―1の7回、先頭の青木宣親外野手(40)が5号ソロを放った。

代わったばかりのアルカンタラの初球、直球を振り抜き、高々と上がった打球が右翼席に飛び込んだ。

青柳対策で左打者を並べたこともあり、今季初の1番スタメンとなったベテランが貴重な一発を放った。

出典:スポーツ報知

ヒーローインタビュー

長岡秀樹選手

--1点先制直後の二回一死一、三塁の場面、どんな気持ちで打席に

「丸山さんがなんとか内野ゴロで先制してくれたので、楽な気持ちで入れました」

--2ストライクと追い込まれたが

「なんとか三塁ランナーを返すために色々考えました」

--苦しめられていた青柳を攻略

「試合前から大松コーチらが対策を練ってくださって、実行できてよかったです」

--対策とは

「秘密です」

--開幕からレギュラーを張って、この暑さの中疲れは

「体力的な疲れはありますけど、レギュラーの成績ではないですし、使ってもらっているほうが多いので、レギュラーを自分で掴みにいきたい」

--暑さ対策は

「水分補給です」

--ファンに向けて

「8月はなかなか勝てずにいましたけど、あと40試合切りましたし、チーム一丸となって優勝に向けて頑張ります」

高梨裕稔投手

--自身2連敗の青柳との投げ合い

「同じ相手に3回負けるわけにはいかないので、なんとか粘って投げていこうと思っていました」

--試合を振り返って

「まだまだ、課題はありますけど、野手の方が先に点を取ってくれて、リードを守ろうという気持ちだけで投げていました」

--6回3安打1失点9奪三振の好投

「決め球が武器なので、そういうところがよかったです。どの球種もしっかり使えました」

--ヤクルトに来て最多の6勝目

「ヤクルトに来てから5勝しかしてなかったので、不甲斐なかったです。でも毎試合、チームに勝ちをと思って投げているので、もっと勝ち星を増やしたい」

--二桁も狙えるが

「なんとか、そこを超えられるように頑張っていきたい」

ハイライトムービー

次の試合村上、メモリアルV42号!投手100人斬り!

続きを見る

前の試合山田哲人が復活の先頭打者ホームラン 投打噛み合い連敗ストップ!

続きを見る

おすすめ記事

村上宗隆、2戦連発12号先制2ラン「とにかく先制したかった」

写真:サンスポ 村上宗隆、2戦連発12号先制2ラン「とにかく先制したかった」  ヤクルト・村上宗隆内野手(24)が、一回2死一塁の第1打席にバックスクリーン左へ12号2ランをたたき込んだ。    【 村 神 様 降 臨 】本塁打ランキング独走!村上宗隆が第12号先制ホームラン! pic.twitter.com/Mke1V6AFsy— サム@神宮速報 (@tokyo_yakult_) May 24, 2024  中日先発・涌井が投じた初球、135キロのシンカーを完璧に捉え「とにかく先制したかった ...

ReadMore

山崎晃大朗、今季初昇格で「1番・右翼」スタメン「ハツラツとやっていきたい」

写真:サンスポ 山崎晃大朗、今季初昇格で「1番・右翼」スタメン「ハツラツとやっていきたい」  山崎晃大朗外野手(30)が1軍に合流。今季初めて出場選手登録され、「1番・右翼」に名を連ねた。9年目の今季は春季キャンプを2軍でスタート。イースタン・リーグでは26試合に出場し、打率・221だった。    自分はよくも悪くも空気が読めないので、ハツラツとやっていきたい  同じ外野手である塩見が故障で離脱し、丸山和は脳振盪(しんとう)特例措置で23日に出場選手登録を外れた。緊急事態で声がかかり、「いつ連絡がきてもい ...

ReadMore

2024年5月23日(木) vs DeNA

DeNAは1-0で迎えた4回表、オースティンのソロなどで2点を追加する。 続く5回にはオースティンがこの日2本目となる適時打を放ち、リードを広げた。 敗れたヤクルトは、打線が終盤に追い上げを見せるも及ばなかった。   スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 DeNA 1 0 0 2 1 0 0 0 1 5 11 0 ヤクルト 0 0 0 0 0 0 2 1 0 3 10 0   責任投手 勝利投手 DeNA 石田健 (2勝2敗0S) 敗戦投手 ヤクルト 高橋 (1勝2敗0S) セ ...

ReadMore

高橋奎二、約1カ月ぶり先発も背信「真っすぐでカウントがとれなかった」

写真:サンスポ 高橋奎二、約1カ月ぶり先発も背信「真っすぐでカウントがとれなかった」  ヤクルト・高橋奎二投手(27)が約1カ月ぶりに先発し、4回⅓を7安打4失点で2敗目を喫した。    序盤から3四死球を与えてピンチを広げ「真っすぐでカウントがとれなかった。変化球もストライクが入っていなかったし、そこが反省点」と唇をかんだ。    高津監督は「解説のしようがない。打たれた走者を四球で進塁させ、失点につなげてしまう。ピッチングとしてはちょっとレベルが低い」と苦言を呈した。 出典:サンスポ    

ReadMore

橋本星哉が支配下登録へ!強肩強打の捕手で7人きょうだいの長男 2軍戦で2本塁打、11打点

写真:サンスポ 橋本星哉が支配下登録へ!強肩強打の捕手で7人きょうだいの長男 2軍戦で2本塁打、11打点  ヤクルトの育成選手、橋本星哉捕手(23)が支配下登録される方針であることが23日、分かった。近日中にも球団と支配下登録を結ぶとみられる。    身長178㌢と小柄ながら強肩強打  橋本は、大阪・興国高から中央学院大に進み、2023年育成ドラフト1位で入団。身長178㌢と小柄ながら強肩強打の持ち主で、1年目の昨季はイースタン・リーグで70試合に出場し、打率・282、2本塁打、14打点。オフシーズンは長 ...

ReadMore

-試合結果
-, , ,