〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

試合結果

恐怖の5番バッターサンタナ 2打席連続弾&4安打6打点の活躍!

恐怖の五番バッター、サンタナの活躍でヤクルトが接戦を制した。

ヤクルトは2点を追う初回、サンタナの2ランなどで3点を挙げ逆転に成功する。

そのまま迎えた3回、ふたたびサンタナの二打席連続となる3ランが飛び出しリードを広げた。

ヤクルト先発・サイスニードは5回を投げ4失点も打線の援護もあり今季6勝目を挙げた。

スコアボード

 
中日2001102017161
ヤクルト30320100X9152

責任投手

勝利投手ヤクルト サイスニード (6勝3敗0S)
敗戦投手中日 笠原 (1勝2敗0S)
セーブヤクルト マクガフ (0勝2敗27S)

本塁打

中日阿部 7号(1回表2ラン)
ヤクルトサンタナ 8号(1回裏2ラン)
サンタナ 9号(3回裏3ラン)

バッテリー

中日笠原、根尾、藤嶋、祖父江、谷元、森、福 - 木下
ヤクルトサイスニード、木澤、久保、梅野、清水、マクガフ - 中村

メディアレポート

1回の裏 ヤクルトの攻撃

“村神様”村上宗隆4打席連続4得点 サンタナ2発&オスナ適時打などで生還

1回裏ヤクルト2死一塁、左越え2点本塁打を放ち村上(右)に迎えられるサンタナ

ヤクルト村上宗隆内野手(22)は2点を追う初回、徹底した外角低めへの配球を見極め四球を選んだ。すると5番サンタナが、8号逆転2ラン。

さらに3回は二遊間への打球を相手が失策で出塁すると、再びサンタナの3ランが飛び出した。悠々生還。

高津監督は村上の出塁を生かした助っ人を「5番らしい、いい仕事をしてくれた」とたたえた。

出典:日刊スポーツ

3回の裏 ヤクルトの攻撃

ヤクルト・サンタナが2打席連発 三回に中日・根尾から9号3ラン

三回、3点本塁打を放ち生還するヤクルト・サンタナ

ヤクルトのサンタナが2打席連続本塁打を放った。

まずは1点を追う一回、2死一塁で打席に入ると左翼席へ逆転の8号2ラン。

中日・笠原のチェンジアップをとらえ、「村上がツーアウトから出塁してくれてすぐに逆転することができて良かったです」。

三回の第2打席では2番手・根尾から右翼席へ9号3ランを放ち2打席連発。

2点を失った先発のサイスニードを援護した。

◆三回の3ランについてサンタナ「打ったのはストレート。今日の練習から逆方向へ強い打球を意識して取り組んできたことがしっかり出せた。追加点が取れて良かった」

出典:サンスポ

今日のヒーロー  サンタナ選手

--ナイスバッティング

「アリガトウ‼」

--1打席目の本塁打について

「初球から甘い球を待っていて、それがきてしっかりと自分のスイングができた」

--2打席目も初球

「同じように甘い球を待ってしっかりと振りぬくことができた」

--3打席目は昨夜の村上のように連続本塁打を意識したか

「特に本塁打を打ちたいという意識はせず、あわてず落ち着いて打点を稼ぐことに集中した」

--開幕戦の5打点を上回る6打点

「けがから復帰できたことができてうれしい。神宮のファンの皆さん、いつも応援ありがとうございます」

--つば九郎が復帰し、あす2000試合出場を達成

「毎日ベンチでいい雰囲気で迎えてくれる。戻ってきてくれて心強い」

--ファンへひとこと

「2連覇という大きな目標があるが、目の前の一戦を必死に戦っています。アリガトウゴザイマス‼」

出典:サンスポ

ハイライトムービー

次の試合つば九郎が主催2000試合を達成! オスナがグランドスラムで祝砲!

続きを見る

前の試合村神様再降臨 NPB新記録となる五打席連続ホームラン「きょう夢でホームランを打つのを見た」

続きを見る

おすすめ記事

2024年4月12日(金) vs DeNA

    ヤクルト先発サイスニードが5回3失点と試合を作るも、打線が採算のチャンスを活かせず連敗を喫した。    スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 ヤクルト 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 6 0 DeNA 0 0 1 1 1 0 0 0 X 3 12 0 責任投手 勝利投手 DeNA 東 (2勝0敗0S) 敗戦投手 ヤクルト サイスニード (0勝1敗0S) セーブ DeNA 森原 (0勝0敗3S) 本塁打 ヤクルト   DeNA   バッテリー ヤクルト サイスニー ...

ReadMore

赤羽、先発起用に応え先制犠飛!今季初打点でアピール

写真:サンスポ 赤羽、先発起用に応え先制犠飛!今季初打点でアピール  しっかりと起用に応えた。ヤクルト・赤羽由紘内野手(23)が「7番・二塁」で今季2度目の先発出場。二回の第1打席で先制の中犠飛を放ち、今季初打点をマークした。    0―0の二回。サンタナの二塁打と青木の進塁打で1死三塁の好機を迎えた。昨季、最多勝やベストナインなどに輝いた左腕・東に対して、赤羽は初球から2球続けて低めのチェンジアップを冷静に見極め、誘いに乗らず。フルカウントに持ち込み、最後は6球目の直球に力負けせず中堅へとはじき返し、三 ...

ReadMore

サイスニード、5回9安打3失点「悔いの残る結果」 開幕投手が3戦勝ち星なし

写真:サンスポ サイスニード、5回9安打3失点「悔いの残る結果」 開幕投手が3戦勝ち星なし  ヤクルトの開幕投手を務めたサイスニード投手(31)が今季3度目の先発も、5回9安打3失点でリードを許して降板。今季初勝利を手にすることはできなかった。   「ピンチの場面で自分をコントロールできず、悔いの残る結果になってしまった」   1点リードの三回2死から石上に二盗を許し、佐野に同点打を浴びると、四回はドラフト1位・度会(ENEOS)に勝ち越し打を許した。五回も3連打で満塁のピンチを招き、押し出し四球で手痛い ...

ReadMore

2024年4月9日(火) vs 巨人

    ヤクルト先発高橋が6回1失点の好投をするも、打線が菅野を打ち崩せず敗戦した。    スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 巨人 0 0 0 0 0 1 0 1 3 5 10 0 ヤクルト 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 責任投手 勝利投手 巨人 菅野 (2勝0敗0S) 敗戦投手 ヤクルト 高橋 (0勝1敗0S) セーブ   本塁打 巨人   ヤクルト   バッテリー 巨人 菅野、中川、バルドナード、西舘、ケラー - 小林 ヤクルト 高橋、山本、木澤、宮川 ...

ReadMore

高津監督、1失点粘投の高橋奎二に苦言「ボール先行」「リズム悪すぎる」

写真:サンスポ 高津監督、1失点粘投の高橋奎二に苦言「ボール先行」「リズム悪すぎる」 流れが勝敗を左右するだけに、1つの四球が大きかった。ヤクルトは2連敗で3カード連続負け越し。高津臣吾監督(55)は、粘りながらも流れを持ってこられなかった先発の高橋奎二投手(26)にあえて厳しい言葉を並べた。      「いつもとあまり変わらない、ボール先行の難しいピッチングになった。投手戦に持ち込んでと思ったけど、リズムが悪すぎるというか、これじゃあ一年間ローテーションを守れるかどうか、規定投球回にいけるかどうか。これ ...

ReadMore

-試合結果
-,