〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

試合結果

村上選手の豪快な逆転ホームランで3連勝!

令和4年6月4日(土)東京ヤクルトスワローズは、埼玉西武ライオンズと対戦し、3-2で勝利しました!

スコアボード

 
西武010100000251
ヤクルト00001200X340

責任投手

勝利投手ヤクルト コール (2勝0敗0S)
敗戦投手西武 本田 (1勝1敗0S)
セーブヤクルト マクガフ (0勝0敗16S)

本塁打

ロッテ愛斗 3号(2回表ソロ)
ヤクルト村上 16号(6回裏2ラン)

バッテリー

ロッテ平井、本田、水上、平良 - 森
ヤクルト高橋、コール、今野、清水、マクガフ - 中村

メディアレポート

5回裏 ヤクルトの攻撃

中村悠平が強肩&巧打で貢献 五回の中前適時打に「食らいついていきました」

ヤクルトの中村悠平が適時中安打

ヤクルト・中村悠平捕手(31)が強肩と巧打で勝利に導いた。一回に二盗を試みた若林を刺し、オグレディも空振り三振で併殺に。六回にも愛斗の二盗を阻止し、直後の攻撃での村上の決勝弾につなげた。

打っては五回に反撃ののろしを上げる中前適時打。「ランナーをかえすこだけを考えて、食らいついていきました」と汗を拭った。

出典:サンスポ

6回裏 ヤクルトの攻撃

ヤクルト・村上宗隆、3季ぶり満員神宮で逆転弾! キング岡本に並ぶ16号2ラン

六回に逆転2ランを放った村上。満員のスタンドを興奮させた

満員御礼弾!! ヤクルト・村上宗隆内野手(22)が4日、西武2回戦(神宮)の六回にバックスクリーン右へ逆転の16号2ランを放ち、チームを3-2の勝利に導いた。

出典:サンスポ

本日のヒーロー 

 村上 宗隆選手

--ナイスバッティング

「ありがとうございます」

--六回の打席はどんな狙いで打席へ?

「狙いというよりは哲さん(山田哲人選手)がああいうかたちで凡退(三ゴロ)してしまったので。いつも自分が打てない時にいろんな方にカバーしてもらっているので、なんとか今日は僕がカバーしようという強い気持ちを持って打席に入りました」

--打った感触

「芯に当たったんで犠牲フライはなんとか行ったなって感じだったんですけど。無我夢中に打ったので、芯に当たったなって感触でした」

--相手は昨日打ち取られていた西武・本田。リベンジの思いはあった?

「あんまりないです(笑)」

--現在、本塁打と打点で2冠

「たまたま打てたんで、なんとか感覚をなくさないように続けていけるように頑張りたいと思います!」

--チームは首位をキープ。雰囲気は?

「誰かがミスしたら誰かがカバーして、打てなかったらカバーして、ミスしたら抑えてもらってっていう、本当にいいチームワークでできています。交流戦もなんとか優勝できるように頑張ります。応援よろしくお願いします!」

出典:サンスポ

ハイライトムービー

 

おすすめ記事

2024年4月12日(金) vs DeNA

    ヤクルト先発サイスニードが5回3失点と試合を作るも、打線が採算のチャンスを活かせず連敗を喫した。    スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 ヤクルト 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 6 0 DeNA 0 0 1 1 1 0 0 0 X 3 12 0 責任投手 勝利投手 DeNA 東 (2勝0敗0S) 敗戦投手 ヤクルト サイスニード (0勝1敗0S) セーブ DeNA 森原 (0勝0敗3S) 本塁打 ヤクルト   DeNA   バッテリー ヤクルト サイスニー ...

ReadMore

赤羽、先発起用に応え先制犠飛!今季初打点でアピール

写真:サンスポ 赤羽、先発起用に応え先制犠飛!今季初打点でアピール  しっかりと起用に応えた。ヤクルト・赤羽由紘内野手(23)が「7番・二塁」で今季2度目の先発出場。二回の第1打席で先制の中犠飛を放ち、今季初打点をマークした。    0―0の二回。サンタナの二塁打と青木の進塁打で1死三塁の好機を迎えた。昨季、最多勝やベストナインなどに輝いた左腕・東に対して、赤羽は初球から2球続けて低めのチェンジアップを冷静に見極め、誘いに乗らず。フルカウントに持ち込み、最後は6球目の直球に力負けせず中堅へとはじき返し、三 ...

ReadMore

サイスニード、5回9安打3失点「悔いの残る結果」 開幕投手が3戦勝ち星なし

写真:サンスポ サイスニード、5回9安打3失点「悔いの残る結果」 開幕投手が3戦勝ち星なし  ヤクルトの開幕投手を務めたサイスニード投手(31)が今季3度目の先発も、5回9安打3失点でリードを許して降板。今季初勝利を手にすることはできなかった。   「ピンチの場面で自分をコントロールできず、悔いの残る結果になってしまった」   1点リードの三回2死から石上に二盗を許し、佐野に同点打を浴びると、四回はドラフト1位・度会(ENEOS)に勝ち越し打を許した。五回も3連打で満塁のピンチを招き、押し出し四球で手痛い ...

ReadMore

2024年4月9日(火) vs 巨人

    ヤクルト先発高橋が6回1失点の好投をするも、打線が菅野を打ち崩せず敗戦した。    スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 巨人 0 0 0 0 0 1 0 1 3 5 10 0 ヤクルト 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 責任投手 勝利投手 巨人 菅野 (2勝0敗0S) 敗戦投手 ヤクルト 高橋 (0勝1敗0S) セーブ   本塁打 巨人   ヤクルト   バッテリー 巨人 菅野、中川、バルドナード、西舘、ケラー - 小林 ヤクルト 高橋、山本、木澤、宮川 ...

ReadMore

高津監督、1失点粘投の高橋奎二に苦言「ボール先行」「リズム悪すぎる」

写真:サンスポ 高津監督、1失点粘投の高橋奎二に苦言「ボール先行」「リズム悪すぎる」 流れが勝敗を左右するだけに、1つの四球が大きかった。ヤクルトは2連敗で3カード連続負け越し。高津臣吾監督(55)は、粘りながらも流れを持ってこられなかった先発の高橋奎二投手(26)にあえて厳しい言葉を並べた。      「いつもとあまり変わらない、ボール先行の難しいピッチングになった。投手戦に持ち込んでと思ったけど、リズムが悪すぎるというか、これじゃあ一年間ローテーションを守れるかどうか、規定投球回にいけるかどうか。これ ...

ReadMore

-試合結果
-,