〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

ニュース 高橋翔聖

ヤクルト育成D1位・高橋翔聖が入団会見 台湾育ちの151キロ右腕

写真:サンスポ

ヤクルト育成D1位・高橋翔聖が入団会見 台湾育ちの151キロ右腕

 ヤクルトから育成ドラフト1位指名された高橋翔聖投手(18)=台湾・鶯歌工商高=が10日、東京・北青山の球団事務所で入団会見に臨んだ。

 台湾の現役高校生が日本の球団からドラフト指名を受け獲得されるのは史上初。登録名は「翔聖」となった。

 父が台湾国籍、母が日本国籍で、両国籍を持つ右腕。台湾・台北で生まれ育っており、会見冒頭では「普段、日本語はあんまり使わないので、ちょっと緊張しています」と初々しい笑顔を浮かべた。

 

 

「いつかNPB、そういった舞台に入れたらなって思っていました」

 2013年の第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)をきっかけに、小学5年時に野球を始めた。

 「台湾と日本の試合を家族みんなでテレビの前で見て、すごく興味がわきました」と回顧した。

 阪神ファンの母・可奈子さん(50)の影響で小さい頃から日本のプロ野球中継も見てきた。甲子園や京セラドーム大阪を訪れ、生観戦したこともある。「いつかNPB、そういった舞台に入れたらなって思っていました」と夢の扉を開いた。

 

 

憧れの選手は藤川球児

 188センチ、81キロの体格から投げる最速151キロの直球が魅力。憧れの選手には藤川球児の名前を挙げ「かっこいいですし、ファンに絶対的な安心感を与えるような選手。ずっと好きでした」と説明した。「早く支配下を勝ち取って、2桁勝利できる投手になりたい」と目標を掲げた。

出典:サンスポ

 




 

-ニュース, 高橋翔聖