〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

試合結果

2024年5月31日(金) vs 楽天

楽天が劇的な逆転サヨナラ勝利。

楽天は2点ビハインドで迎えた7回裏、小郷の適時打で1点差に迫る。

そのまま迎えた9回には、代打・フランコが3ランを放ち、試合を決めた。

敗れたヤクルトは、3番手・長谷川が痛恨の一発を浴びた。

 

スコアボード

 
ヤクルト0200100003100
楽天010000103X5102
 

責任投手

勝利投手楽天 渡辺翔 (2勝0敗0S)
敗戦投手ヤクルト エスパーダ (0勝2敗0S)
セーブ 

本塁打

ヤクルト 
楽天フランコ 1号(9回裏3ラン)

バッテリー

ヤクルトサイスニードエスパーダ長谷川 - 松本直
楽天早川ターリー渡辺翔 - 太田

 

 

選手出場成績

試合経過

福島県営あづま球場での東北楽天ゴールデンイーグルス戦。初回、先発のサイスニード投手は小郷選手、村林選手から連続で三振を奪います。二死から辰巳選手に四球を与えますが、後続を打ち取り無失点に抑えます。

 

打線は2回、サンタナ選手が二塁打、青木選手が相手のエラーで出塁すると、オスナ選手がレフトへ犠牲フライを放ち1点を先制します。

 

 

さらに、二死から山崎選手がタイムリーを放ち、2対0とリードを広げます。

 

山崎晃大朗、今季初安打となる左前適時打「個人的にも一本出て良かった」

続きを見る

 

その裏、サイスニード投手は先頭の鈴木選手に安打を許すと、渡邊選手、岡島選手をセカンドゴロに打ち取るも、二死三塁となり太田選手にライトへのタイムリーを許し、1点を返されます。

 

打線は5回、二死から丸山和選手が四球を選ぶと、山田選手の安打で一、三塁とチャンスを作ると、長岡選手がライトへのタイムリーを放ち、3対1とします。

 

その裏、サイスニード投手が三者凡退に抑えると、6回は満塁のピンチを迎えるも、粘り強い投球で、無失点に切り抜けます。

7回のマウンドに上がったサイスニード投手は、一死から小深田選手に二塁打を許すと、小郷選手にライトへのタイムリーを浴び、ここで2番手・エスパーダ投手にスイッチ。エスパーダ投手は後続を外野フライに仕留め、ピンチを切り抜けます。

 

エスパーダ投手は8回も続投すると、二死から渡邊選手に安打を許しますが、岡島選手をセンターフライに抑えリードを守ります。

 

打線は9回、長岡選手の安打などで二死満塁のチャンスを作りますが、あと一本が出ず、得点を奪うことができません。

 

1点リードで迎えた9回裏もエスパーダ投手がマウンドへ。一死から小深田選手、小郷選手に連打を許し、3番手・長谷川投手がマウンドへ上がるも、代打・フランコ選手に左中間へ1号3ランを浴び試合終了。先発のサイスニードが7回途中まで試合を作りましたが、9回に3ランを打たれ、サヨナラ負けを喫しました。

 

ハイライト

 

-試合結果