〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

試合結果

2024年5月30日(木) vs ロッテ

ヤクルトは2-2で迎えた6回裏、中村が適時二塁打を放ち、勝ち越しに成功する。

一方のロッテは1点を追う9回、代打・ポランコの適時打で試合を振り出しに戻した。

その後は両軍の救援陣が得点を許さず、4時間を超える熱戦は規定により引き分けに終わった。

 

スコアボード

 101112
ロッテ200000001000391
ヤクルト101001000000390
 

責任投手

勝利投手 - 
敗戦投手 - 
セーブ -

本塁打

ロッテ中村奨 1号(1回表2ラン)
ヤクルト山田 2号(3回裏ソロ)

バッテリー

ロッテ西野坂本菊地澤田益田岩下国吉 - 佐藤
ヤクルト高橋木澤田口石山山本大西丸山翔エスパーダ - 中村

 

 

選手出場成績

試合経過

神宮球場での千葉ロッテマリーンズ戦。

 

初回、先発の高橋投手は、荻野選手に内野安打を打たれると、中村選手にレフトスタンドへの1号2ランを浴び、先制を許します。

 

打線はその裏、一死から山田選手がセンターへの安打で出塁すると、続く長岡選手がセンターへタイムリー二塁打を放ち、1点を返します。

 

高橋投手は2回、二死から小川選手に安打を許しますが、西野選手を三振に仕留め無失点に封じると、続く3回もランナーを背負いながらも無失点に封じるピッチングを見せます。

 

その裏、打線は一死から山田選手がレフトスタンドに飛び込む2号ソロを放ち、2対2の同点に追いつきます。

 

 

4回、高橋投手はソト選手に四球を与えるなど、一死一、二塁のピンチを招きますが、友杉選手を併殺打に打ち取り、無失点で切り抜けると、続く5回、6回は三者凡退に抑え、6回4安打2失点でマウンドをリリーフ陣に託します。

 

高橋奎二、6回4安打2失点の力投「打たれることを怖がらずゾーン内で勝負できた」

続きを見る

 

打線はその裏、青木選手が四球で出塁すると、代走・並木選手が盗塁を決めるなど、二死二塁のチャンスを作ります。ここで中村選手がレフトへタイムリー二塁打を放ち、3対2と勝ち越しに成功します。

 

7回、2番手・木澤投手は、佐藤選手をレフトフライ、代打・髙部選手、友杉選手を内野ゴロに打ち取り、三者凡退に抑えると、8回は3番手・田口投手がランナーを背負いながらも無失点に封じます。

1点リードの9回は、4番手・石山投手がマウンドに上がりますが、代打・角中選手に四球、ソト選手に安打を許すなど、一死満塁のピンチを招き、ここで5番手・山本投手にスイッチ。山本投手は代打・ポランコ選手にタイムリーを浴び、3対3の同点に追いつかれます。

 

同点で迎えたその裏、打線はオスナ選手、山崎選手が四球を選び、一死一、二塁のチャンスを作りますが、後続が続かず、2試合連続の延長戦に突入します。

 

10回、6番手・大西投手は、荻野選手、岡選手をピッチャーゴロ、澤田投手を三振に仕留め、三者凡退に抑えます。

 

打線はその裏、二死から代打・西川選手がセンターへ二塁打を放ち、チャンスを作りますが、後続が倒れてサヨナラとはなりません。

 

11回は7番手・丸山翔投手がマウンドへ上がると、一死から佐藤選手に安打を許しますが、後続がしっかりと抑えて無失点に封じると、12回は8番手・エスパーダ投手がランナーを背負いながらも無失点で切り抜けます。

 

その裏、打線は武岡選手が安打を放ち出塁しますが、後続が続かず試合終了。6回に中村選手のタイムリー二塁打で勝ち越すも、9回に同点に追いつかれます。以降は両チーム譲らず、延長12回の末、3対3の引き分けで終えました。

 

ハイライト

 

-試合結果