〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

ニュース 橋本 星哉

橋本星哉が支配下登録へ!強肩強打の捕手で7人きょうだいの長男 2軍戦で2本塁打、11打点

写真:サンスポ

橋本星哉が支配下登録へ!強肩強打の捕手で7人きょうだいの長男 2軍戦で2本塁打、11打点

 ヤクルトの育成選手、橋本星哉捕手(23)が支配下登録される方針であることが23日、分かった。近日中にも球団と支配下登録を結ぶとみられる。

  

身長178㌢と小柄ながら強肩強打

 橋本は、大阪・興国高から中央学院大に進み、2023年育成ドラフト1位で入団。身長178㌢と小柄ながら強肩強打の持ち主で、1年目の昨季はイースタン・リーグで70試合に出場し、打率・282、2本塁打、14打点。オフシーズンは長打力に磨きをかけ、今季は同リーグでチームの捕手ではトップの38試合の出場で打率・265、2本塁打、11打点と努力の成果を見せている。

 

 チームの捕手事情は厳しく、古賀が下半身を痛めて長期離脱が決定的。昨季94試合に出場した内山は上半身を痛めて2軍でキャッチボールを再開したばかりで、橋本が支配下登録されれば、危機を救うことにもなる。

  

支配下になって自分も1軍でプレーしたい。

 7人きょうだいの長男で、末っ子の妹はまだ小学校低学年。オフには「支配下になって自分も1軍でプレーしたい。支配下になれば、家族ももっと喜んでくれると思う」と思いを明かしていた。家族の星、ヤクルトの星としてさらなる活躍を目指す。

出典:サンスポ

 




 

-ニュース, 橋本 星哉