〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

試合結果

2024年5月21日(火) vs DeNA

ヤクルトは先発・小川が3回までに4失点の乱調。

打線も、横浜先発のケイにチャンスを作ることができず、零封負けを喫した。

スコアボード

 
DeNA0220000307111
ヤクルト000000000040
 

責任投手

勝利投手DeNA ケイ (2勝4敗0S)
敗戦投手ヤクルト 小川 (1勝2敗0S)
セーブ 

本塁打

DeNA佐野 2号(3回表ソロ)
宮﨑 3号(3回表ソロ)
ヤクルト 

バッテリー

DeNAケイ、坂本 - 山本
ヤクルト小川、エスパーダ、長谷川 - 中村、松本直

 

 

選手出場成績

試合経過

21日(火)、神宮球場での横浜DeNAベイスターズ戦。初回、先発の小川投手は、佐野選手に二塁打を許すなど、得点圏にランナーを背負いますが、筒香選手を三振に仕留め、無失点で切り抜けます。

 

打線はその裏、二死からオスナ選手がセンターへ安打を放ちますが、後続が倒れて得点とはなりません。

 

小川投手は2回、宮崎選手、山本選手に連打を浴びるなど、一死二、三塁のピンチを招くと、林選手にライトへの2点タイムリー三塁打を浴び、2点を先制されます。

 

続く3回には、佐野選手に2号ソロ、宮崎選手に3号ソロを許し、0対4とされます。

 

 

4回、小川投手は、林選手、ケイ投手を三振に仕留めるなど、三者凡退に抑えると、続く5回も三者凡退に抑え、5回4失点でマウンドを後に託します。

 

打線はその裏、赤羽選手の安打、中村選手の四球などで二死一、三塁のチャンスを作りますが、後続が続かず得点のチャンスを逃します。

 

6回は、2番手・エスパーダ投手がマウンドへ。筒香選手をセンターフライ、宮崎選手をサードゴロ、山本選手をセンターフライに打ち取り、三者凡退に抑えると、続投した7回はランナーを背負うも、しっかりと無失点に封じます。

 

その裏、打線は村上選手がレフトへ二塁打を放つなど、二死二塁のチャンスを作りますが、後続が倒れてまたしも得点のチャンスを逃します。

 

8回、3番手・長谷川投手は、オースティン選手に二塁打、筒香選手に安打を許すなど、一死満塁のピンチを招くと、宮崎選手の内野ゴロの間にランナーが還り、5点目を奪われます。なおも二死二、三塁のピンチの場面で、山本選手にセンターへの2点タイムリーを浴び、0対7とリードを広げられます。 

 

9回、反撃したい打線ですが、三者凡退に倒れて試合終了。序盤にリードを奪われると、打線が相手投手陣に封じ込まれ、0対7で敗れました。

 

ハイライト

 

-試合結果