〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

試合結果

2024年5月19日(日) vs 阪神

阪神は同点の4回裏、近本の適時打などで2点を挙げ、勝ち越しに成功する。

そのまま迎えた8回には、無死満塁から木浪と代打・原口の連続適時打で3点を加え、リードを広げた。

敗れたヤクルトは、投打ともに振るわなかった。

スコアボード

 
ヤクルト200000000271
阪神02020003X7110
 

責任投手

勝利投手阪神 才木 (5勝1敗0S)
敗戦投手ヤクルト 石川 (0勝1敗0S)
セーブ 

本塁打

ヤクルト 
阪神 

バッテリー

ヤクルト石川、大西、長谷川、エスパーダ、山本 - 中村
阪神才木、石井、ゲラ、浜地 - 梅野

 

 

選手出場成績

試合経過

19日(日)、甲子園球場での阪神タイガース戦。打線は初回、丸山和選手、長岡選手の安打などで一死満塁のチャンスを作ります。ここでサンタナ選手がレフトへ犠牲フライを放ち、先制に成功すると、続くオスナ選手がセンターへタイムリーを放ち、2点のリードを奪います。

 

 

先発の石川投手はその裏、二死から森下選手に安打を許しますが、大山選手をファーストフライに抑え、無失点に封じます。しかし続く2回、ノイジー選手に二塁打を打たれるなど、無死二、三塁のピンチを招くと、梅野選手に犠牲フライを許し、1点を返されます。なおも一死三塁のピンチの場面で、木浪選手に犠牲フライを許し、2対2の同点に追いつかれます。

 

 

石川投手は4回、ノイジー選手、梅野選手、木浪選手に連打を浴び、無死満塁のピンチを招くと、才木投手に押し出しの四球を与えてしまい、2対3と勝ち越しを許します。なおも満塁のピンチの場面で近本選手にライトへのタイムリーを浴び、追加点を奪われると、ここで2番手・大西投手にスイッチ。大西投手は中野選手を併殺打、森下選手をセカンドゴロに抑え、追加点を与えません。

 

石川雅規が四回途中7安打4失点で降板 新人から史上最長の23年連続勝利は持ち越し

続きを見る

 

 

打線は5回、長岡選手、村上選手が四球を選び、二死一、二塁のチャンスを作りますが、後続が倒れて得点とはなりません。

 

その裏、続投した大西投手は、一死から渡邉選手に四球を与え、ランナーを背負いますが、ノイジー選手を併殺打に打ち取り、無失点に封じると、続く6回は三者凡退に抑える好投を見せます。

 

7回、3番手・長谷川投手は、一死から中野選手に四球を与えると、盗塁を決められ得点圏にランナーを背負いますが、森下選手をショートゴロ、大山選手をセカンドライナーに抑え、無失点で切り抜けます。

 

 

続く8回は4番手・エスパーダ投手がマウンドへ上がりますが、渡邉選手、ノイジー選手に連打を浴びるなど、無死満塁のピンチを招くと、木浪選手にセンターへの2点タイムリー二塁打を許し、ここで5番手・山本投手にスイッチ。山本投手は代打・原口選手にタイムリーを浴び、2対7とリードを広げられます。

 

 

反撃したい打線は9回、先頭の代打・青木選手がレフトへ安打を放ちますが、後続が続かず試合終了。初回にサンタナ選手の犠牲フライ、オスナ選手のタイムリーで2点を先制するも、4回に勝ち越しを許し、2対7で敗れました。

  

ハイライト

 

-試合結果