〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

試合結果

2024年5月18日(土) vs 阪神

阪神が投手戦を制した。阪神は4回裏、大山の適時打で試合の均衡を破る。

投げては、先発・ビーズリーは今季初勝利を挙げた。

敗れたヤクルトは先発・ヤフーレが好投を見せるも、打線が援護できなかった。

スコアボード

 
ヤクルト000000000030
阪神00010000X140
 

責任投手

勝利投手阪神 ビーズリー (1勝0敗0S)
敗戦投手ヤクルト ヤフーレ (4勝3敗0S)
セーブ阪神 岩崎 (2勝1敗7S)

本塁打

ヤクルト 
阪神 

バッテリー

ヤクルトヤフーレ、星、田口 - 中村
阪神ビーズリー、桐敷、石井、ゲラ、岩崎 - 梅野

 

 

選手出場成績

試合経過

18日(土)、甲子園球場での阪神タイガース戦。初回、先発のヤフーレ投手は井上選手、中野選手を三振に仕留めるなど、三者凡退に抑える完璧な立ち上がりを見せます。

 

打線は2回、先頭の村上選手がセンターへ安打を放ち出塁しますが、後続が続かず得点とはなりません。

 

ヤフーレ投手はその裏、ランナーを背負うもしっかりと無失点に封じると、続く3回は丸山和選手の好守に助けられるなど、三者凡退に抑える好投を見せます。

 

 

しかし4回、中野選手、近本選手に四球を与え、無死一、二塁のピンチを招くと、大山選手にレフトへのタイムリーを浴び、先制点を奪われます。

 

 

反撃したい打線は5回、サンタナ選手、濱田選手が四球を選び、二死一、二塁のチャンスを作りますが、後続が倒れて得点のチャンスを逃します。

 

好投を続けるヤフーレ投手は7回、渡邉選手に安打を許すと、続く前川選手に四球を与え、一死一、二塁のピンチを招き、ここで2番手・星投手にスイッチ。星投手は梅野選手に四球を与え、満塁としますが、木浪選手を併殺打に打ち取り、無失点で切り抜けます。

 

8回、3番手・田口投手は、先頭の代打・森下選手に安打を許しますが、後続をしっかりと抑えて無失点に封じます。

田口の1軍復帰戦は1回1安打無失点 開幕翌日の2軍降格から復活も「うかうかしていられない」

続きを見る

 

1点を追いかける打線は9回、三者凡退に倒れて試合終了。ヤフーレ投手が6回途中3安打1失点と試合を作るも、打線が相手投手陣に封じ込まれ、0対1で敗れました。

  

プロ野球中継ガイド【ヤクルトスワローズ】

続きを見る

 

ハイライト

 

-試合結果