〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

試合結果

【試合結果】2023年5月23日(火) vs 阪神

山田選手が2試合連続となる6号2ラン
山田選手が2試合連続となる6号2ラン

  

ヤクルトは3点を追う7回、山田の神宮通算150号本塁打が飛び出し1点差に迫る。

ふたたび3点差になった最終回、オスナ選手にタイムリーが飛び出すものの、追い上げ及ばず敗戦を喫した。

       

スコアボード

 
阪神003000300680
ヤクルト000002001370

責任投手

勝利投手阪神 村上 (4勝1敗0S)
敗戦投手ヤクルト 石川 (1勝2敗0S)
セーブ阪神 岩崎 (2勝0敗7S)

本塁打

阪神ノイジー 4号(7回表3ラン)
ヤクルト山田 6号(6回裏2ラン)

バッテリー

阪神村上、浜地、及川、K.ケラー、岩崎 - 坂本
ヤクルト石川、丸山翔、エスピナル、小澤 - 中村

  

試合結果

先発・石川投手は1,2回を無失点に抑え上々の立ち上がり

先発の石川投手は初回、近本選手、中野選手をセカンドゴロに打ち取ると、ノイジー選手をショートライナーに仕留めて、無失点に封じます。

 

石川投手は直後の2回、一死から佐藤輝選手の安打と盗塁で二死二塁のピンチを招きますが、後続を抑えてこの回も無失点に抑えます。

 

3回、阪神・ノイジ―選手の適時打などで先制を許す

しかし3回、先頭・木浪選手のレフトへの二塁打、近本選手に対する四球などで一死満塁に走者を背負うと、ノイジー選手にセンターへ2点タイムリーを浴び、0対2となります。なおも大山選手の安打で再び一死満塁となると、佐藤輝選手のセカンドゴロの間にランナーが還り、3点目を失います。

 

石川投手がプロ野球新記録となる22年連続安打

その裏、打線は先頭の石川投手がレフトへ安打を放ち、プロ野球新記録となる22年連続安打を達成しますが、後続が倒れて、得点を奪うことができません。

 

Twitter

石川雅規がプロ野球記録となる22年連続安打を達成

 

石川投手は4回3失点で降板

石川投手は4回を三者凡退に封じますが、続く5回、無死一、三塁のピンチを招いたところで、2番手・丸山翔投手にスイッチ。

 

 

丸山翔投手が素晴らしいリリーフ

丸山翔投手は、ノイジー選手を空振りの三振に仕留めると、続く大山選手に四球を与えますが、後続の佐藤輝選手、森下選手を空振りの三振に切って取り、満塁のピンチを切り抜けます。

丸山翔投手は6回も続投すると、坂本選手、木浪選手、村上投手を三者凡退に封じ、2イニングを無失点に抑える好リリーフを見せます。

 

丸山翔投手が好リリーフ!
丸山翔投手が好リリーフ!

 

山田選手が神宮通算150号本塁打を放つ

その裏、打線は一死から塩見選手が四球で出塁すると、山田選手がレフトスタンドへ6号2ランを放ち、2対3と1点差に迫ります。

 

Twitter

山田哲人が2試合連続弾!

  

 

ふたたびノイジー選手に打たれリードを拡げられる

しかし直後の7回、3番手・エスピナル投手が無死一、二塁の場面で、ノイジー選手に左中間へ4号3ランを運ばれ、2対6となります。

 

9回、小澤投手が3人で抑え流れを作る

2対6のまま迎えた9回は4番手・小澤投手がマウンドへ。一死から中野選手に四球を与えますが、後続のノイジー選手を併殺打に仕留め、無失点に抑えます。

 

オスナ選手がタイムリーを放つも追い上げ及ばず敗戦

4点を追いかける打線はその裏、一死から村上選手が四球を選び出塁すると、サンタナ選手がレフトへ安打を放ち、一、二塁に走者を進めます。二死後、オスナ選手がセンターへタイムリーを放ち、3点目を挙げますが、後続が倒れて試合終了。追い上げ及ばず、3対6で敗れました。

 

 

ハイライト

  

  

      

【おすすめ記事】

塩見泰隆が2戦合計4安打3打点 高津監督は高評価「天才の上は何だろう? 超人だね」

サンスポ 塩見泰隆が2戦合計4安打3打点 高津監督は高評価「天才の上は何だろう? 超人だね」 ヤクルト・塩見泰隆外野手(30)が「1番・中堅」で先発し、3打数2安打1打点と気を吐いた。 18日の中日との練習試合と合わせて5打数4安打3打点の活躍に、高津監督は「天才の上は何だろう? 超人だね」と高評価。レギュラー再奪取を目指す背番号9は「たまたまの部分が多い。超人と言えば糸井さん(元阪神)。監督もふざけて言っているので、(本気で)そう言ってもらえるぐらいの選手になりたい」と意気込んだ。 サンスポ NEWS

ReadMore

村上宗隆が今季初実戦で2打数無安打も「打って、走ることができたのでよかった」

サンスポ 村上宗隆が今季初実戦で2打数無安打も「打って、走ることができたのでよかった」 ヤクルト・村上宗隆内野手(24)が「4番・DH」で今季初実戦に臨んだ。2打数無安打に終わったが、表情は決して暗くはなかった。   「ちょっと力んじゃいましたけど、打って、走るということができたので、よかったです。次は守れるように、体と相談しながらやっていければと思います」   二回先頭の第1打席は一ゴロ、四回無死二塁の第2打席は二ゴロと、いずれも右方向へのゴロに倒れた。ただ、左臀部の張りで一時別メニュー調整を強いられて ...

ReadMore

ドラフト2位・松本健吾が2回0封デビュー「ホッとしました」

スポーツ報知 ドラフト2位・松本健吾が2回0封デビュー「ホッとしました」  ヤクルトのドラフト2位・松本健吾投手=トヨタ自動車=が実戦初登板。2回3安打で無失点デビューを飾ったルーキーは「ホッとしました」と笑みを浮かべた。  0―1の3回からマウンドへ。「1イニング目は緊張もあって、硬さもあった」と、1死から茂木、田中和に連打を浴びてピンチを招いたが、フランコを三ゴロ併殺に仕留めてスコアボードに0を刻んだ。  続く4回は2死から伊藤裕に右中間二塁打を許したが、村林を遊ゴロに抑え、「2イニング目はしっかり自 ...

ReadMore

石川雅規、ライブBP初登板「真っすぐをコーナーに投げられた」

サンスポ 石川雅規、ライブBP初登板「真っすぐをコーナーに投げられた」 ヤクルト春季キャンプ(20日、沖縄・浦添)球界最年長の44歳、石川雅規投手が20日、沖縄・浦添キャンプでライブBP(実戦形式の打撃練習)に初登板。打者18人に計44球を投げ安打性の打球は3本に抑えた。   「やっぱり基本は真っすぐ。真っすぐをコーナーに投げられたので、そこはよかったかな」   真骨頂は長岡に投じたこの日の44球目だ。125キロの直球で打者を詰まらせ、ファウルとした。   ベテラン左腕と実戦形式で2度目の顔合わせとなった ...

ReadMore

石川雅規「自分のボールを投げられたかな」ライブBP初登板 バックルは封印も順調

日刊スポーツ 石川雅規「自分のボールを投げられたかな」ライブBP初登板 バックルは封印も順調 ヤクルト石川雅規投手(44)が、実戦形式のライブBPに初登板した。   並木、丸山和らを相手に44球を投げ、安打性は3本。新球「パックル」はこの日は封印したが、順調な仕上がりを示した。   「ある程度、自分のボールを投げられたかなと思います。今年初めてのバッターとの対戦ということでいい緊張感の中で投げられた」と話した。    日刊スポーツ NEWS

ReadMore

-試合結果