〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

試合結果

【試合結果】2023年5月16日(火) vs 巨人

代打・川端選手が一時同点となる1号3ラン
代打・川端選手が一時同点となる1号3ラン

  

ヤクルトは3点をリードされた5回裏、川端慎吾のスリーランで同点に追いつく。

ふたたびリードされた直後の7回裏、塩見泰隆にもスリーランが飛び出すが、乱打戦の末、惜しくも敗北した。

    

スコアボード

 
巨人2020014009170
ヤクルト0010313008110

責任投手

勝利投手巨人 鍵谷 (2勝0敗1S)
敗戦投手ヤクルト 石山 (3勝2敗0S)
セーブ巨人 大勢 (1勝0敗6S)

本塁打

巨人岡本和 6号(3回表ソロ)
ヤクルト川端 1号(5回裏3ラン)
塩見 2号(7回裏3ラン)

バッテリー

巨人戸郷、鍵谷、平内、田中豊、高梨、三上、大勢 - 大城卓
ヤクルト吉村、丸山翔、大西、石山、梅野、小澤 - 古賀、内山

  

試合結果

先発・吉村投手は5回4失点の苦しい投球

初回、先発・吉村投手は先頭・吉川選手に二塁打を打たれるなど、二死三塁のピンチを招くと、岡本和選手にライトへタイムリーを浴び、先制を許します。

さらにピンチは広がり、一、二塁とされると、秋広選手にもタイムリーを打たれ、0対2となります。

3回、吉村投手は一死から岡本和選手にレフトスタンドへ6号ソロを運ばれると、さらにブリンソン選手の犠牲フライで0対4となります。

  

3回裏、代打・澤井選手が初打点をマーク

打線はその裏、先頭・長岡選手の二塁打、古賀選手の進塁打で一死三塁とすると、代打・澤井選手の内野ゴロの間に1点を返します。

  

丸山翔投手が2回を投げ無失点のナイスリリーフ

4回、2番手・丸山翔投手がマウンドへ。ピンチを招くも、無失点に封じると、5回は三者凡退に仕留める好リリーフを見せます。

 

5回裏、川端慎吾選手が起死回生のスリーラン

打線はその裏、先頭・サンタナ選手の二塁打、オスナ選手の四球などで、一死一、二塁とすると、代打・川端選手がライトスタンドへ1号3ランを運び、4対4の同点に追いつきます。

  

Twitter

川端慎吾が起死回生の同点スリーラン!

  

  

6回、巨人・丸選手に勝ち越しのタイムリーを許す

6回、3番手・大西投手は二死から吉川選手に安打を打たれると、続く丸選手にタイムリー二塁打を浴び、勝ち越しを許します。

 

オスナ選手がタイムリーを放ち再び同点に

打線はその裏、山田選手の二塁打で二死二塁とすると、オスナ選手がセンターへタイムリーを放ち、再び試合を振り出しに戻します。

  

7回、リリーフ陣が巨人打線につかまる

しかし7回、4番手・石山投手は無死二、三塁とされると、秋広選手に2点タイムリー二塁打を浴び、勝ち越しを許します。なおも無死一、二塁となったところで、5番手・梅野投手に交代。その後、二死二、三塁とされると、吉川選手に2点タイムリー二塁打を打たれ、5対9となります。

 

塩見選手が3ランホームランを放つ

粘る打線はその裏、先頭の代打・濱田選手、内山選手の連打で無死一、二塁とすると、塩見選手がレフトスタンドへ2号3ランを叩き込み、8対9と1点差に迫ります。

 

 

小澤投手が2イニング連続三者凡退の快投

8回、6番手・小澤投手は三者凡退に仕留めると、9回も2イニング連続で三者凡退に封じる好リリーフを見せます。

 

最終回、惜しくも点が取れず僅差で敗れる

1点を追う打線はその裏、一死から山田選手が四球で出塁すると、代走・山崎選手が盗塁を試みるも、タッチアウトとなります。後続は倒れ、試合終了。

      

【おすすめ記事】

2024年4月12日(金) vs DeNA

    ヤクルト先発サイスニードが5回3失点と試合を作るも、打線が採算のチャンスを活かせず連敗を喫した。    スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 ヤクルト 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 6 0 DeNA 0 0 1 1 1 0 0 0 X 3 12 0 責任投手 勝利投手 DeNA 東 (2勝0敗0S) 敗戦投手 ヤクルト サイスニード (0勝1敗0S) セーブ DeNA 森原 (0勝0敗3S) 本塁打 ヤクルト   DeNA   バッテリー ヤクルト サイスニー ...

ReadMore

赤羽、先発起用に応え先制犠飛!今季初打点でアピール

写真:サンスポ 赤羽、先発起用に応え先制犠飛!今季初打点でアピール  しっかりと起用に応えた。ヤクルト・赤羽由紘内野手(23)が「7番・二塁」で今季2度目の先発出場。二回の第1打席で先制の中犠飛を放ち、今季初打点をマークした。    0―0の二回。サンタナの二塁打と青木の進塁打で1死三塁の好機を迎えた。昨季、最多勝やベストナインなどに輝いた左腕・東に対して、赤羽は初球から2球続けて低めのチェンジアップを冷静に見極め、誘いに乗らず。フルカウントに持ち込み、最後は6球目の直球に力負けせず中堅へとはじき返し、三 ...

ReadMore

サイスニード、5回9安打3失点「悔いの残る結果」 開幕投手が3戦勝ち星なし

写真:サンスポ サイスニード、5回9安打3失点「悔いの残る結果」 開幕投手が3戦勝ち星なし  ヤクルトの開幕投手を務めたサイスニード投手(31)が今季3度目の先発も、5回9安打3失点でリードを許して降板。今季初勝利を手にすることはできなかった。   「ピンチの場面で自分をコントロールできず、悔いの残る結果になってしまった」   1点リードの三回2死から石上に二盗を許し、佐野に同点打を浴びると、四回はドラフト1位・度会(ENEOS)に勝ち越し打を許した。五回も3連打で満塁のピンチを招き、押し出し四球で手痛い ...

ReadMore

2024年4月9日(火) vs 巨人

    ヤクルト先発高橋が6回1失点の好投をするも、打線が菅野を打ち崩せず敗戦した。    スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 巨人 0 0 0 0 0 1 0 1 3 5 10 0 ヤクルト 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 責任投手 勝利投手 巨人 菅野 (2勝0敗0S) 敗戦投手 ヤクルト 高橋 (0勝1敗0S) セーブ   本塁打 巨人   ヤクルト   バッテリー 巨人 菅野、中川、バルドナード、西舘、ケラー - 小林 ヤクルト 高橋、山本、木澤、宮川 ...

ReadMore

高津監督、1失点粘投の高橋奎二に苦言「ボール先行」「リズム悪すぎる」

写真:サンスポ 高津監督、1失点粘投の高橋奎二に苦言「ボール先行」「リズム悪すぎる」 流れが勝敗を左右するだけに、1つの四球が大きかった。ヤクルトは2連敗で3カード連続負け越し。高津臣吾監督(55)は、粘りながらも流れを持ってこられなかった先発の高橋奎二投手(26)にあえて厳しい言葉を並べた。      「いつもとあまり変わらない、ボール先行の難しいピッチングになった。投手戦に持ち込んでと思ったけど、リズムが悪すぎるというか、これじゃあ一年間ローテーションを守れるかどうか、規定投球回にいけるかどうか。これ ...

ReadMore

-試合結果