〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

ニュース 長岡 秀樹

長岡がサヨナラ2ラン 両軍計11本塁打の乱打戦を制す 

9回 サヨナラ2点本塁打を放つヤクルト・長岡秀樹
9回 サヨナラ2点本塁打を放つヤクルト・長岡秀樹

長岡がサヨナラ2ラン 両軍計11本塁打の乱打戦を制す 

ヤクルトが両軍計11本塁打の乱打戦を制した。4―9の八回に中村のソロと浜田の3ランで1点差に迫り、九回2死一塁で長岡が山崎からサヨナラ2ランを放った。

序盤から両軍とも本塁打を打ち合う展開

 敗れれば、借金が今季初の4までふくらんでしまう大事な一戦。序盤から両軍とも本塁打を打ち合い、その数は8回まで双方5本塁打ずつの合計10本塁打だった。

 だが、壮絶な打ち合いはついに劇的なフィナーレを迎える。8—9で迎えた9回だ。試合前までリーグ最多9セーブを挙げている相手守護神・山崎の前にサンタナ、中村が倒れて2死走者なし。敗戦まであと1死となったが、諦めなかった。

   

プロ4年目で初めて放ったサヨナラ打が逆転サヨナラ2ラン

 オスナがこの日3安打目となる左前打を放って出塁(代走・並木)。ここで打席に入ったのがそれまで2安打していた長岡だ。山崎が2ボールから投じた3球目、スプリット。これを右翼スタンドへ叩き込んだ。長岡はこれが今季1号で、プロ通算10本塁打目。プロ4年目で初めて放ったサヨナラ打が逆転サヨナラ2ランというあまりに劇的な一発となり、ホームで出迎えたチームメートたちからもみくちゃになって祝福された。

出典:サンスポ

    

Twitter

長岡秀樹が劇的なサヨナラホームランでヤクルトが勝利!

  

【おすすめ記事】

村上宗隆、2戦連発12号先制2ラン「とにかく先制したかった」

写真:サンスポ 村上宗隆、2戦連発12号先制2ラン「とにかく先制したかった」  ヤクルト・村上宗隆内野手(24)が、一回2死一塁の第1打席にバックスクリーン左へ12号2ランをたたき込んだ。    【 村 神 様 降 臨 】本塁打ランキング独走!村上宗隆が第12号先制ホームラン! pic.twitter.com/Mke1V6AFsy— サム@神宮速報 (@tokyo_yakult_) May 24, 2024  中日先発・涌井が投じた初球、135キロのシンカーを完璧に捉え「とにかく先制したかった ...

ReadMore

山崎晃大朗、今季初昇格で「1番・右翼」スタメン「ハツラツとやっていきたい」

写真:サンスポ 山崎晃大朗、今季初昇格で「1番・右翼」スタメン「ハツラツとやっていきたい」  山崎晃大朗外野手(30)が1軍に合流。今季初めて出場選手登録され、「1番・右翼」に名を連ねた。9年目の今季は春季キャンプを2軍でスタート。イースタン・リーグでは26試合に出場し、打率・221だった。    自分はよくも悪くも空気が読めないので、ハツラツとやっていきたい  同じ外野手である塩見が故障で離脱し、丸山和は脳振盪(しんとう)特例措置で23日に出場選手登録を外れた。緊急事態で声がかかり、「いつ連絡がきてもい ...

ReadMore

2024年5月23日(木) vs DeNA

DeNAは1-0で迎えた4回表、オースティンのソロなどで2点を追加する。 続く5回にはオースティンがこの日2本目となる適時打を放ち、リードを広げた。 敗れたヤクルトは、打線が終盤に追い上げを見せるも及ばなかった。   スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 DeNA 1 0 0 2 1 0 0 0 1 5 11 0 ヤクルト 0 0 0 0 0 0 2 1 0 3 10 0   責任投手 勝利投手 DeNA 石田健 (2勝2敗0S) 敗戦投手 ヤクルト 高橋 (1勝2敗0S) セ ...

ReadMore

高橋奎二、約1カ月ぶり先発も背信「真っすぐでカウントがとれなかった」

写真:サンスポ 高橋奎二、約1カ月ぶり先発も背信「真っすぐでカウントがとれなかった」  ヤクルト・高橋奎二投手(27)が約1カ月ぶりに先発し、4回⅓を7安打4失点で2敗目を喫した。    序盤から3四死球を与えてピンチを広げ「真っすぐでカウントがとれなかった。変化球もストライクが入っていなかったし、そこが反省点」と唇をかんだ。    高津監督は「解説のしようがない。打たれた走者を四球で進塁させ、失点につなげてしまう。ピッチングとしてはちょっとレベルが低い」と苦言を呈した。 出典:サンスポ    

ReadMore

橋本星哉が支配下登録へ!強肩強打の捕手で7人きょうだいの長男 2軍戦で2本塁打、11打点

写真:サンスポ 橋本星哉が支配下登録へ!強肩強打の捕手で7人きょうだいの長男 2軍戦で2本塁打、11打点  ヤクルトの育成選手、橋本星哉捕手(23)が支配下登録される方針であることが23日、分かった。近日中にも球団と支配下登録を結ぶとみられる。    身長178㌢と小柄ながら強肩強打  橋本は、大阪・興国高から中央学院大に進み、2023年育成ドラフト1位で入団。身長178㌢と小柄ながら強肩強打の持ち主で、1年目の昨季はイースタン・リーグで70試合に出場し、打率・282、2本塁打、14打点。オフシーズンは長 ...

ReadMore

-ニュース, 長岡 秀樹