〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

試合結果

【試合結果】2023年5月4日(木) vs 巨人

復帰の塩見選手が1号2ラン
復帰の塩見選手が1号2ラン

  

ヤクルトは2回、武岡選手のタイムリーで先制すると、4回には中村選手の本塁打が飛び出し試合を優位にすすめる。

先発のピーターズ投手は4回までを無失点の好投を披露したが、5回に2本の本塁打を浴び逆転を許した。

ヤクルトは7回、復帰した塩見選手が2ラン、村上選手にも2ランが飛び出し試合を振り出しに戻すが、最後に巨人・丸選手にサヨナラ本塁打を浴び、敗戦を喫した。

    

スコアボード

 
ヤクルト0101004107122
巨人0000331018110

責任投手

勝利投手巨人 大勢 (1勝0敗4S)
敗戦投手ヤクルト 小澤 (0勝1敗0S)
セーブ 

本塁打

ヤクルト中村 2号(4回表ソロ)
塩見 1号(7回表2ラン)
村上 3号(7回表2ラン)
巨人坂本 4号(5回裏2ラン)
岡本和 4号(5回裏ソロ)
丸 2号(9回裏ソロ)

バッテリー

ヤクルトピーターズ、星、久保、大西、清水、小澤 - 中村、古賀
巨人山﨑伊、直江、大江、菊地、田中千、大勢 - 小林、大城卓

  

試合結果

先発・ピーターズ投手は安定した立ち上がり

初回、先発・ピーターズ投手は三者凡退に仕留める立ち上がりを見せます。

  

武岡選手が技ありの先制タイムリー

打線は2回、村上選手の四球、長岡選手の安打で、二死一、二塁とすると、武岡選手がレフトへタイムリーを放ち、先制点を挙げます。

  

Twitter

武岡龍世がレフト前に落とす技ありのヒット!

  

中村悠平の今シーズン第2号のソロホームラン

さらに4回、打線は一死から中村選手がレフトスタンドへ2号ソロを運び、2対0とリードを広げます。

  

  

好投していたピーターズ投手がつかまる

4回まで無失点に抑えていたピーターズ投手ですが、5回、二死一塁から坂本選手に左中間へ4号2ランを運ばれ、同点に追いつかれます。

さらに続く岡本和選手にもセンターへ4号ソロを浴び、2対3と逆転を許します。

 

好調ジャイアンツ打線の勢いを止められず

6回、2番手・星投手は二死二塁から代打・ウォーカー選手にタイムリー二塁打を浴び、追加点を許します。なおも一、二塁となったところで、3番手・久保投手にスイッチ。久保投手も満塁とされたところで、4番手・大西投手に交代しますが、坂本選手に2点タイムリーを打たれ、2対6とされます。

  

  

Twitter

6回裏、塩見泰隆が快足を飛ばしジャンピングキャッチ!

 

塩見選手が1軍復帰後に即結果を出す

反撃したい打線は7回、先頭・奥村選手が安打を放つと、続く塩見選手が左中間へ1号2ランを運び、2点差に迫ります。

    

 

78打席ぶりの村神様降臨

さらに一死一塁から村上選手が右中間へ3号2ランを叩き込み、試合を振り出しに戻します。

  

  

7回裏、勝ち越しを許す

その裏、大西投手は一死一、二塁とされると、代打・大城卓選手にレフトへタイムリーを浴び、6対7と勝ち越しを許します。

  

奥村選手が犠牲フライを放ち同点に追いつく

粘る打線は8回、先頭・中村選手の二塁打、代打・古賀選手の犠打で一死三塁とすると、奥村選手がレフトへ犠牲フライを放ち、7対7と再び同点に追いつきます。

  

清水投手が気迫のピッチングで0点に抑える

その裏、5番手・清水投手は三者凡退に仕留める好リリーフを見せます。

  

2アウトから巨人・選手に痛恨のサヨナラホームランを浴びる

同点の9回、6番手・小澤投手がマウンドへ。二死から丸選手にライトスタンドへ2号ソロを浴び、7対8でサヨナラ負け。

中村選手、塩見選手、村上選手が一発を放つなど、打線が二度追いつく粘りを見せますが、7対8でサヨナラ負けを喫しました。

    

ハイライト

  

  

  

【おすすめ記事】

2024年6月22日(土) vs 巨人

ヤクルトは両軍無得点で迎えた8回表、村上の適時打とサンタナの2ランが飛び出し、試合の均衡を破る。 投げては、先発・サイスニードが6回無失点8奪三振の好投。 2番手・大西が今季4勝目を挙げた。   スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 ヤクルト 0 0 0 0 0 0 0 3 0 3 8 0 巨人 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 0 責任投手 勝利投手 ヤクルト 大西 (4勝1敗0S) 敗戦投手 巨人 高梨 (1勝1敗0S) セーブ ヤクルト 田口 (1勝0敗6S) ...

ReadMore

サイスニードが6回零封&毎回の8奪三振 2勝目ならずも「先発としての仕事ができた」

写真:サンスポ サイスニードが6回零封&毎回の8奪三振 2勝目ならずも「先発としての仕事ができた」  ヤクルト・サイスニード投手(31)が先発。打線の援護なく2勝目は逃したが、6回85球、5安打無失点、毎回の8奪三振と好投し「調子は良かった。松本が良いリードをしてくれて、先発としての仕事ができた」と語った。   【#巨人🆚 #ヤクルト】3回裏ヤクルト先発 #サイスニード 投手ランナー1、2塁のピンチを切り抜けます!!✅ただいま #BS日テレ で生中継!!✅#GI ...

ReadMore

まさに主砲の執念!! ヤクルト・村上宗隆がへッスラ内野安打で大きな1打点

写真:サンスポ まさに主砲の執念!! ヤクルト・村上宗隆がへッスラ内野安打で大きな1打点  ヤクルト・村上宗隆内野手(24)が「4番・三塁」で出場。一塁へ執念のヘッドスライディングで勝ち越しの適時内野安打をマークした。   【気迫のヘッスラ】村上宗隆のタイムリー内野安打ゼロ行進の均衡を破る pic.twitter.com/L21wRe7SaZ— サム@神宮速報 (@tokyo_yakult_) June 22, 2024    0―0の八回2死から3番長岡が右越え三塁打で出塁。迎えた村上の第4 ...

ReadMore

西川遥輝が一回初球にセーフティーバント リクエストで判定覆り4試合連続安打

写真:サンスポ 西川遥輝が一回初球にセーフティーバント リクエストで判定覆り4試合連続安打  経験豊富なリードオフマンの存在感が高まっている。今季、楽天から加入したヤクルト・西川遥輝外野手(32)が6月2日から15試合続けて1番で起用され、4試合連続安打をマークした。    一回の第1打席。巨人先発の左腕、グリフィンに対して初球。外角低めへの直球を、見事なセーフティーバントで三塁前に転がした。三塁手坂本がランニングスローを見せ、西川は際どいタイミングで一塁を駆け抜けた。一度はアウトが宣告されたが、高津監督 ...

ReadMore

2024年6月21日(金) vs 巨人

ヤクルトは初回、長岡の適時打で先制する。 その後4回表に山田のソロで加点すると、6回には中村のスクイズでリードを広げた。 投げては、先発・吉村が8回途中4安打無失点の好投で今季5勝目。   スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 ヤクルト 1 0 0 1 0 1 0 1 0 4 9 0 巨人 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2 6 0 責任投手 勝利投手 ヤクルト 吉村 (5勝4敗0S) 敗戦投手 巨人 戸郷 (6勝4敗0S) セーブ ヤクルト 田口 (1勝0敗5S) 本塁打 ...

ReadMore

-試合結果